臨時休診のお知らせ

【臨時休診のお知らせ】

12月16日(金曜日)午後休診します。

午前は通常通りです。


 

インフルエンザワクチンのお知らせ(10月19日改訂)

【令和4年秋冬 インフルエンザワクチン接種】
御予約はwebで承ります。
新型コロナウィルスワクチンとの同時接種をご希望の場合は先に新型コロナワクチンの予約をお取りください。

〇12歳以上用コロナワクチン接種の方は来院時に「インフルエンザワクチン接種も希望する」
とお申し出ください。この時間帯にインフルエンザワクチンの単独接種は承りません。

〇小児用(5歳から11歳)および乳幼児用(6カ月から4歳)ワクチン接種の方は、あらかじめご予約をいただきます。コロナワクチンの予約後に電話でインフルエンザワクチンの同時接種をお申込み下さい。

 

接種回数 生後6カ月~13歳未満 2回 (2~4週間隔 できれば4週)
            13歳以上 1回

料金   1回目4000円
     2回目3100円 当院初回の場合は今季2回目でも1回目の料金となります


今年度インフルエンザワクチンについて、当院は12歳までは2回接種をお勧めします。
日本では13未満の小児は2回接種が原則となっています。過去に世界保健機構(WHO)や米国予防接種諮問委員会(US-ACIP)はインフルエンザワクチンにつき9歳以上の小児および健康成人は「1回注射」が適切と見解を示しましたが、現在の日本では新型コロナウイルスに対する感染対策により令和2年の1月~2月を最後にインフルエンザの流行がなく、インフルエンザに対する免疫力が減弱してしまった可能性があり今冬は小児を中心にインフルエンザが大流行する可能性が指摘されています。

生まれてからまだインフルエンザウィルスにかかっておらず免疫を持っていない小さなお子様も多いと予想され、ワクチンによる感染拡大予防・重症化予防が重要です。
従って今季当院は12歳までは2回接種をお勧めします。
また何らかの事情で 2 回の接種機会が得られない場合でも少なくとも 1 回は接種し、
未接種のままインフルエンザシーズンを迎えないことを推奨します。

参考)日本ワクチン学会
2022/2023インフルエンザワクチンに対する見解
http://www.jsvac.jp/pdfs/JSVAC_2022-23flu.pdf

 

重要なお知らせ(令和4年2月)

当院では一般診療(病気の診察)と予防接種・健診(病気ではないお子様)の時間帯を分けております。
健診と予防接種は午前11時から12時、および午後15時から16時としております。
この時間帯の一般診療はありません。

◎新型コロナウィルス感染症が大流行しています。
発熱している方や新型コロナウィルス感染を疑っている方は来院前に必ず当院にお電話ください!お話をうかがい、来院時刻や入口等をご指定させていただく場合がございます。
充分に感染対策をとるため診察できる人数に制限がございます。
ご理解ご協力いただけますようお願い申し上げます。

新型コロナワクチン接種を迷っている保護者の方へ

 


新型コロナウィルスに感染した後のワクチン接種について(令和4年11月22日改訂)

新型コロナウイルスに感染した方は、初回接種、追加接種にかかわらず、新型コロナワクチンを接種することができます。

新型コロナウイルスに感染してから接種するまでの期間については、初回接種、追加接種にかかわらず、感染後、体調が回復して接種を希望する際には、その治療内容や感染からの期間にかかわらずワクチンを接種することができますが、厚生労働省の審議会において議論された結果、現時点では、初回接種を終えた後に感染した方では、感染してから追加接種までの間隔について、暫定的に3か月を一つの目安にすることとされました*。
*この目安は、従来の1価ワクチンによる3回目接種に対するものです。12歳以上が対象のオミクロン株対応2価ワクチンによる追加接種については、現時点では、こうした目安はなく、感染からの期間にかかわらずワクチンを接種することができます。ただし、療養終了後に充分に体調が回復してからの接種をおすすめします。

3回目接種は2回目接種から所定の期間が経過している場合に限ります。

 *厚生労働省 新型コロナウィルスワクチンについて Q&A

感染したことのある方はワクチンの予約を申しこまれる際に電話でご相談くださいますようお願いします。
新型コロナウィルスワクチン以外のワクチンについては、新型コロナウィルス感染症の療養が終わってから1カ月程度たってから接種をうけるようにおすすめしています。


生後6ヶ月から4歳用の新型コロナワクチンについて(令和4年11月1日)

【ご注意下さい!】乳幼児用ワクチン(6ヶ月から4歳)は、小児用(5歳から11歳)ワクチンとはまったく別のワクチンです。

 接種の対象

接種日に生後6ヶ月から4歳の方で、接種券をお持ちの方です。
(原則的に川崎市に住民票のある方)


 使用するワクチン

ファイザー社製ワクチン(生後6ヶ月~4歳用)


◎ 1回目接種時に4歳だった方が2回目の接種時までに5歳の誕生日を迎えた場合、2・3回目接種にも生後6ヶ月~4歳用のワクチンを使用します。
◎ 1・2回目接種時に4歳だった方が3回目の接種時までに5際の誕生日を迎えた場合、3回目接種にも生後6ヶ月~4歳用のワクチンを使用します。


 接種間隔・回数

初回接種として3回の接種をします。
 1回目から3週間の間隔をおいて2回目接種。
 2回目から8週間以上の間隔をおいて3回目接種。

このワクチンは他のワクチンと同時接種できません。前後に他の予防接種を行う場合、
13日以上の間隔をあけて下さい。

☆インフルエンザワクチンについては、間隔をあけずに接種できます。同時接種もできます。


 予約方法・キャンセル方法

 1回目のご予約は、webにて承ります。
 2回目は、1回目接種の後で当院が設定いたします。
 3回目は、2回目接種の後でご説明いたします。

キャンセルの際は、必ずお電話下さい。


 接種当日のご注意

忘れずにお持ち下さい。
 ・接種券 ・予診票 ・健康保険証 ・母子手帳

 

ワクチン接種には、保護者の同意と立ち合い(同伴)が必要です。

●予診・接種に同席ができる保護者(親権者または後見人)の同伴が必要です。

※保護者が特段の理由で同伴することができない場合は、お子様の健康状態を普段から熟知する親族等で適切な方が、保護者から委任を受けて同伴することが可能です。


●接種させる場合には、予診票の署名欄に保護者の氏名を署名して下さい。

接種を希望されない場合には、自署欄には何も記載しないで下さい。
予診票に保護者の署名がなければ予防接種は受けられません。


予約はこちらこちらをクリックして下さい


5歳から11歳用の新型コロナウィルスワクチンについて(令和4年9月改訂)

【ご注意下さい!】小児用(5歳から11歳)の新型コロナワクチンは、成人用(12歳以上)とはまったく別のワクチンです。

予約ページはお知らせの最下部にあります。全ての内容をお読み頂いてから移動してください。

 接種の対象

川崎市内に住民登録のある5~11歳の方で接種券をお持ちの方です。

(努力義務あり)

■特に接種をお勧めする方

慢性呼吸器疾患、先天性心疾患等、重症化リスクの高い基礎疾患(※)を有する方。あらかじめ主治医と接種してよいか相談して下さい。
(※)日本小児科学会では、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが高い疾患の一覧等を公表しています。
日本小児科学会新型コロナウイルス関連情報」(外部サイト)


 接種するワクチンと回数・間隔・対象年齢

ワクチン 接種回数 接種間隔
対象年齢
小児用ワクチン
(ファイザー社5歳~11歳用)
3回
1回目2回目および
追加接種(3回目)
・1回目と2回目は通常3週間間隔で接種します。
・2回目接種から5ヵ月の間隔を置いて追加接種をします。
5~11歳

〔他のワクチンとの接種間隔〕

他の予防接種と新型コロナワクチンは同時接種できません。
前後に他の予防接種を行う場合13日以上の間隔を空けてください。
例外として、インフルエンザワクチンのみ接種間隔の制限なく、同時接種も可能です。

 

●接種対象年齢

接種する日の年齢です。
小児用新型コロナワクチンでは、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します。1回目の接種時に11歳だったお子様が、2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目接種にも1回目と同じ小児用ワクチンを使用します。

*ご注意ください!
12歳になってから、3回目接種を受ける場合は、12歳以上用のファイザー社製ワクチンを使用します。予約のお申込みは川崎市の予約サイトをご利用下さい。

 

 接種を受ける際の費用

全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。


 接種当日のご注意

1. 保護者(親権者または後見人)の同伴が必要です。

※保護者が特段の理由で同伴することができない場合は、お子様の健康状態を普段から熟知する親族等で適切な方が、保護者から委任を受けて同伴することが可能です。

2. 37.5度以上の発熱や、体調不良の場合は、ワクチン接種を受けられません。お電話で取消のご連絡をお願いいたします

3.忘れずにお持ちください(必須)

 1. 本人確認書類(マイナンバーカード、健康保険証等)
 2. 川崎市より郵送されてきた封筒(接種券や予診票が送られてきた封筒)の中身一式
 3. 母子健康手帳(小児用では必須となります)

4.当日に解熱剤の処方をご希望になった場合は自費になります。

 

 接種後のご注意

接種を受けた日は、激しい運動は控えてください。入浴は可能ですが、接種部分を強く擦ったりしないようにしてください。
 接種後、体内で新型コロナウイルスに対する免疫ができる過程で、様々な症状が現れることがあります。大部分は12歳以上のワクチン接種後のものと同様に、数日以内に回復していきますが、おうちの方が様子を観察し、症状に合わせた対応をとってください。詳しくは、厚生労働省ホームページ新型コロナワクチンQ&Aをご覧ください。

 ワクチンを接種した後も、マスクの着用など、感染予防対策の継続をお願いします。

 

 2回目接種の予約について

1回目接種の終了3週間後に当院が設定いたします。
WEBからの2回目の予約はできません。
キャンセルについて
キャンセルは必ずお電話ください。
044-511-1818
※1回目と追加接種(3回目)は、このお知らせの最下部にある予約ページからご予約を承ります。

 

 接種を受ける際の同意

 新型コロナワクチンの接種を受けることは強制ではありません。予防接種の効果と副反応のリスクの双方についてしっかり情報提供が行われた上で、接種を受ける方の同意がある場合に限り、自らの意思で接種を受けていただいています。

 5歳から11歳までの方の場合は、原則、保護者(親権者または後見人)の同伴と予診票への保護者の署名が必要となり、保護者の同意なく接種が行われることはありません。署名がなければワクチンの接種は受けられません。詳しくは、厚生労働省ホームページ「新型コロナワクチンQ&A」をご覧ください

 接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

 一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。

 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

 新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

 

予約ページはこちらをクリックしてください

 

12歳以上の新型コロナワクチンの予約方法について(令和4年10月6日)

◎ご注意ください!!
 10月8日の接種回から当院での3回目.4回目接種に使用するワクチンはファイザー社のオミクロン株対応ワクチンとなります。
※︎1回目2回目接種にはオミクロン株対応ワクチンは使用できません。

【3回目・4回目接種と1回目・2回目接種では予約方法が異なります】

●3回目接種、4回目接種

毎週土曜日午後に接種専用時間帯を設けています。
(ワクチンの供給状況等により臨時変更があります。)
ご予約は川崎市のコロナワクチン予約サイトをご利用ください
当院のホームページの予約サイトや電話、窓口では承れません。

●1回目接種・2回目接種

3週間ごとの土曜日午後に接種専用時間帯を設けています。
(ワクチンの供給状況等により臨時変更があります。)
ご予約は当院ホームページの予約サイトをご利用ください。
ここから3回目・4回目接種の予約はできません。

 

●16歳未満の方がワクチンの接種を受ける場合は、保護者の同意と同伴が必要です。
小学生は保護者の同伴が必須です(代理人不可)
中学生以上の方はやむをえず保護者が同伴できない場合のみ代理人可とします(予診票への自著、および委任状が必要です)。
●キャンセルについて
キャンセルは予約サイト上で可能ですが、予約日の3日前からのキャンセルは必ずお電話ください。(044-511-1818
無断キャンセルの場合は今後当院での接種を放棄なさったものと考えます。
●接種券、保険証、委任状(必要な場合)、母子手帳(小学生から高校生までの方)をご持参ください。忘れると接種できません。

 

202002

【重要】新型コロナウィルス感染症について(2022年1月)

●患者様へお願い

当院では新型コロナウィルス感染症の検査は行政検査としてのみ行っております。
発熱の症状があるなど、感染の疑いのある方等に医師が必要と判断しておこなう、感染症法に基づく検査です。
症状がない方の検査は行っていません。ご了承ください。

 受診される際には、2歳以上のかたはマスクなど鼻と口を覆うもの(布製でも結構です)を着用してください
お子様のマスク着用については、日本小児科医会のお知らせもご覧ください。
https://www.jpa-web.org/dcms_media/other/2saimimann_20200525.pdf

 新型コロナウイルス感染を否定できない症状や接触があった場合には必ず受診前に電話でご一報をお願い致します
 受診時は入り口で手指消毒薬を使用して下さい(15〜20秒以上の石鹸と流水を使用した手洗いでも結構です)
 受診される患者さん以外の付添いはご家族お一人のみなど少なくしてください
 緊急事態宣言中は不要不急の外出は控えてください

当院では、感染対策として換気、職員の手洗いを徹底しておりますが、その他気になる点などございましたらご指摘ください。

以下の場合は来院なさる前に必ず下記の電話番号におかけいただき相談して指示を受けていただきますようお願い申し上げます。

① 発熱または咳などの呼吸器症状があり、かつ新型コロナウィルス感染症と確定した方と濃厚接触がある場合
② 発熱かつ呼吸器症状があって14日以内に新型コロナウィルスの流行が確認されている場所に行った、あるいは行った人と濃厚接触した場合

川崎市新型コロナウイルス感染症コールセンター
 044−200−0730(土日祝日含む 24時間)

 

202005

電話診療について(令和2年5月)


新型コロナウィルス感染の拡大を受け、期間限定ですが、電話で診療を行う
「電話再診」で処方箋を発行いたします。

当院に定期的に受診なさっている慢性疾患(ぜん息、アレルギー性鼻炎、便秘、夜尿症など)の患者様でご希望の方はご利用ください。

◎ご希望の場合は診療時間内にお電話をいただき診療の予約調整をいたします。
    044−511−1818
◎対面診療が必要と判断された場合は発行できません。来院しての受診をお願いいたします。
◎処方可能と判断した場合は処方箋を発行いたします。当日の診療時間内に医院窓口でお受け取りください。ご希望の調剤薬局に処方箋をFAXすることもできます。

202104

川崎市風疹対策事業(令和4年度)

川崎市では、風しんの発生の予防と先天性風しん症候群の発生を予防するため、下記の対象者に該当するかたに 風しん抗体検査の無料実施と抗体価の低い方へのワクチン接種費用の一部助成を実施しています。

●実施期間
令和4年4月1日から令和7年3月末まで

●対象者
本市の事業を利用したことのない川崎市民で、次のいずれかに当てはまる方

①妊娠を希望する女性
妊婦健診時の抗体検査の結果、風しん抗体価が十分でなかった女性
②妊娠を希望する女性のパートナー
③妊婦のパートナー
④昭和34年4月2日から平成元年4月1日の間に生まれた男性
※昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、風疹の追加的対策(無料の抗体検査と、検査の結果抗体が陰性だったら無料の予防接種)の対象者になります。
川崎市から送られてきたクーポン券が必要となります。
川崎市が発行したクーポン券は、有効期限を過ぎたものでも、令和5年2月末まで使用できます。
クーポン券をお持ちでない方、紛失した方は川崎市の予防接種コールセンターにご相談下さい。

●お問い合わせ先
川崎市風しん対策事業ホームページ
http://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000064983.html

●予防接種コールセンター

044-200-0142

子宮頸がんワクチン 保護者の同伴について

 当院では子宮頸がんワクチンの定期接種に際して保護者の同伴をお願いしております。

どうしても都合がつかない場合は、13歳以上の者に限り、あらかじめ保護者の同意が確認できたものは、保護者の同伴がなくても接種できます。そのためには、あらかじめ予診票の保護者自署欄及び同意書に保護者が署名する必要がありますので、事前に予診票及び同意書をご準備ください。ご本人単独での来院は避けどなたか成人が付き添われるようお願い申し上げます。

*同意書はこちら

子宮頸がんワクチンについては電話での予約申込をお願いしております。



DPT(三種混合ワクチン)の任意接種のおすすめ

【3種混合ワクチンの任意接種について】
日本小児科学会は三種混合ワクチン(DPT)の「任意の追加接種」を推奨しています。

学童期以降から成人での百日咳の発生が多くなっています。百日咳のワクチンの「抗体価」が、小学校に上がる頃までに低くなってしまい、百日咳にかかりやすくなっているためです。

学童期以降の「百日咳(ひゃくにちぜき)」に対する免疫の維持のために、「三種混合ワクチン(DPT)」の「任意の追加接種」が小児科学会で推奨されています(2018年8月1日)。

3種混合ワクチンを、①就学前(年長児)および②11歳~12歳(公費でする2種混合ワクチンを3混に換える)に接種することで、低下した百日咳の抗体価を、再び高く維持することができます。

百日咳の症状は、長引く風邪症状、ひどい咳ですが、診断は難しい場合が多く、また感染力は非常に強く、家族内で伝播し、地域で流行してしまうことも問題です。 特に家族内で、百日咳ワクチンの接種が済んでいない赤ちゃんがかかると、とても症状が重くなりますので、全体での予防が大切です。

3種混合ワクチンの任意接種をご希望の方はご予約下さい(自費での接種になります)

 


就学前の5回目のポリオワクチンについて

日本小児科学会は「5回目の不活化ポリオワクチン」を推奨しています(2018年8月)。

現在日本では、不活化ポリオワクチンは4 種混合ワクチン(DPT-IPV)に含まれ、4回の接種となっています。

4種混合も含め、ワクチンの接種から時間が経つと、感染を予防する力である「抗体価」が低下するため、ポリオ発症のリスクが上がってしまいます。

不活化ポリオワクチンの5回目接種は、欧米諸国の多くで小学校入学前に実施されています。日本でも就学前の5~6歳で5回目の接種をしてポリオにかからないようにしましょう、という考えです。

ポリオ5回目は任意接種(自費)になります。


麻しん風しん(MR・定期接種)とおたふくかぜ(任意接種)と同時接種することができます。また、日本小児科学会は就学前に3種混合ワクチンを任意で追加接種することも推奨しています。3 種混合ワクチンとの同時接種も可能で
す。


子宮頸がんワクチンの救済措置(令和4年7月27日)

子宮頸がんワクチンの救済措置(キャッチアップ接種)についてはこちらをご覧ください。
〇参考資料 キャッチアップ接種に係る厚生労働省作成リーフレット(PDF形式,1.29MB)はこちらを参照してください。